子どもたちの探究を
ここから

探究学習の必要性

Concept
グローバル化、技術革新、地球環境の変化、人口縮小など、
VUCA の時代に入り、「絶対解」となる答えのない社会が到来しました。

それに伴い、実社会で求められる能力も変化してきており、教育の現場においても、答えが多様である教育の必要性が高まってきています。

それらの能力を鍛えるためには、与えられた問題や既にある問題を、早く・正確に解くことの力以外に、
次々と仮説を立てて、試していく力を育むプログラムが必要です。

ここ数年「探究学習」というワードと共に、様々な取り組みをされている学校が増えてきましたが、
何を学びのゴール設定としているのかが不明瞭なケースや、教科学習の延長のケース、
調べた事をプレゼンテーションをして終わりにするケースが多いと感じています。

本プログラムは、まずは触って学んでから、考えて知る新しい学びへ!
「知る」で終わりにならない、「考える」「分析する」「解決する」を学びの中心に据えたプログラムとなっています。
座学とハンズオン、フィールドワークの「インプット」と「アウトプット」を交えた学びによって、
「課題解決型」から「問題解決型」の能動的に学ぶプログラムを用意しました。

「MIGAKU」は、「未学」の分野を、「磨く」楽しみとともに、思考と学びを深めます。
「MIGAKU」の世界へようこそ!
MIGAKU-ibl_探究学習コンテンツ-VUCA

※VUCA=Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguityの頭文字を取った造語で、社会やビジネスにとって、未来の予測が難しくなる状況のこと

特徴

About

「教科横断型の学習カリキュラム」
+
「答えを教えない学び」
+
「問題解決プログラム」

まずは、実際に手を動かし、
体験してから、考え、知る。
子どもたちが、失敗を怖がらずにトライ&エラーを続けて学びを深めるプログラムです
Inquiry-based-leaning_探究学習
先生方、こんなお悩みは
お持ちではないでしょうか?
「探究しようとしても、生徒たちが答えを最短で出すことだけが学習だと思っている」
「探究の時間は、生徒たちの「やらされてる感」の表情が多い」
「議論が進まなかったり、議論だけで時間がかかってしまい、座学と変わらない」
「指導者が「口出し」をしたくなってしまうレベルで終わってしまう」
「考えをまとめて、プレゼンすることが多くなってしまっている…」
「動画を見て、キャリア学習だけで終わってしまう」
だからこそ
MIGAKU-ibl_探究学習コンテンツ
先生の役割は、
“指導者” ではなく
“ファシリテーター”
本プログラムは、生徒たちが能動的に考え、調べ、学び、行動していくために、学びのプロセスを【触って学んでから、考え、知る】というプロセスが特徴の、「教科横断型」の探究プログラムです。
絶対解のない問題に対して、先生も一緒に楽しみながら答えを探してください。

探究学習プログラム

Contents
探究学習のテーマとして、
4つのプログラムを用意しました。

Google Earth Engineを使って
地球規模の課題を考える「衛星画像解析」、
エネルギーの生産から消費までを体感する「エコ電」、
宇宙線を測定し分析する「宇宙線」、
そして、音を可視化して分析する「音」。

多様なテーマで手を動かして
体験しながら考える探求学習です。
.
衛星画像解析

「地球規模の課題」を、身近な自分事にする。
Google Earth Engine(GEE)を使った「SDGs × プログラミング × 探究」の総合学習。

.
エコ電
「エネルギー」の生産から消費までを、自分たちで体感してみよう!
エネルギーの発電・変電・蓄電・消費を一度に学ぶ、体感型総合学習です。
.
宇宙線
宇宙から降ってくる素粒子「宇宙線」を観測しよう。
簡易宇宙線検出器を使って、宇宙線の降ってくる頻度や角度などのデータを解析します。
.
自分の声や演奏を「可視化」する。
ブラウザで動くスペクトルアナライザで、自分の声や楽器演奏の特徴を分析します。

対談

Interview

探究学習の素材となりうるテーマについて、
各分野の専門家の方々とのインタビュー対談。
多岐にわたるテーマのトレンドを知り、
その課題と未来について掘り下げます。
隔月更新でさまざまな分野を取り上げます。